nonchalant
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

材料の入れ方 夏と冬
冬は室温が下がるので、酵母の働きが鈍ります。
翌朝に焼きあがるようタイマーをセットすると、夜中は暖房も切れて室温が下がっているので、ふくらみがイマイチだったりします。

そこで、私はタイマーで焼くときは、夏と冬とで材料の入れ方を変えています。

▼夏の入れ方。酵母と水を粉で隔てて、過発酵になるのを防ぎます。


▼冬の入れ方。酵母と水を一緒に入れて発酵時間を長くします。
ピタパン
ピタパンを焼いてみました。
生地はホームベーカリーで作りました。
ひゃ〜!膨らむぅ〜♪

2個ほどうまく膨らまなかったのがありました。
で、わかったこと。
麺棒で伸ばすとき、中央から外側へ「丁寧にゆっくり」が必須!

朝ごはんとかお弁当とか。
サンドイッチよりも新鮮で、楽しい気分♡
白神こだま酵母ドライと北のパン用粉
白神こだま酵母ドライ ホームベーカリー

北のパン用粉今朝のパンは、生協で買った 白神こだま酵母ドライ江別製粉の北のパン用粉を使いました。この粉は、ハルユタカ・春よ恋・ホロシリ・ホクシンのミックス。生協の限定品らしいです。
ホームベーカリーで作る 薄力粉のパン
ひさびさに薄力粉のパン。ふわふわコースで。
ホームベーカリー パン 薄力粉

水 160gくらい
薄力粉 280g
砂糖 10g
塩 5g
サラダオイル 10g
ドライイースト 4g

ホームベーカリー パン 薄力粉
耳はカリっとしてて、軽いフランスパンみたいな仕上がり。ほわほわです。
まんまるパン
ホームベーカリーでこねた生地を、適当な大きさに切って丸めて焼いただけ。


水 175〜185g ※
強力粉(イーグルを使いました) 280〜295g ※
砂糖 15g
塩(ゲランド使いました) 5g
モルトパウダー 2g
スキムミルク 6g
グレープシードオイル 15g
パネトーネマザー 13g

 ※ 粉と水は、その日の気分とか天候とかで、適当に。「なんか今日は乾燥しているような気がする」と思ったり、「もっちりしたパンが食べたいな♡」と思えば水が多め。「ふんわり口解けの良いパンが食べたいな」と思えば、粉多め。

ホームベーカリーで7分こねた後、すぐに成型し、オーブンで30分ほど発酵させてから、180度で15分。
すっごくふわふわで、家族に大好評でした。
自家製 天然酵母のパン
巨峰から起こした酵母で作ったパン。


桃の酵母で作ったパン。


自家製酵母でふんわりしたパンが焼けたのは初めてです。うれしい〜♡

デラウェアの酵母はいま冷蔵庫でお休み中。週末に焼こうと思います。
あんぱん 再チャレンジ
昨日の失敗の際、に、「あんこを丸くして包めば?」と言われました。今日、スーパーへ行って、ふと目に付いたあんこ玉。ひらめいちゃいましたひらめき

これを包んだらカンタンじゃない?

結果は…


大成功でした!

あんこ玉は小豆あん・白あん・うぐいすあんの3色が2粒ずつでしたので、合計6このあんぱんができました。これはうぐいすあん。
ブルーベリーパンとあんぱん
ブルーベリーパンと、あんぱんを作りました。

手作りブルーベリージャムを混ぜて焼きました。うまいぐあいにマーブル模様になりました。


あんこがうまく包めませんでした…たらーっ
焼き色もムラだらけ。
今朝のパン
今朝のパン。

イーストとはぜんぜん違う香り。ほのかにフルーツみたいな華やかな香りがします。パネトーネってすごい〜!

ふわふわで、口溶けが良く、今までで一番おいしく焼けました。
びっくりです。

<材料>
水 190g
パン用強力粉(イーグル) 270g
パネトーネマザー粉末(製パン用) 12g
塩 5g
きび砂糖 15g
スキムミルク 6g
Criscoショートニング 15g
一口あんぱん
小さいアンパンをたくさん焼きました。
皮がホクッとサックリしてて、おいしい〜♡


コネ〜一次発酵までは、ホームベーカリーにおまかせしました。